宮崎県東臼杵郡美郷町南郷渡川地区

宮崎県東臼杵郡美郷町南郷区上渡川…

これが渡川(どがわ)地区の正式な場所です。

宮崎県でも「知る人ぞ知る」といった田舎。大合併前の南郷村時代には、村の中心部まで車で30分以上かかっていました。

だから超が付くほどの田舎。まさに「山村(さんそん)」という名がふさわしい、交通の便の悪い山間部に位置します。

今は道も良くなり、日向まで1時間、宮崎までも1時間半で着きます。これでも随分便利になったんですよ。

 

渡川の良いところはまずは『自然』

当たり前のように四季を感じながら生活しています。

春は山菜、夏は鮎。秋は栗に米、冬は椎茸に猪。食によって四季を感じ、食と共に四季を大事に暮らしています。

 

次はやはり『人』

温厚だけど、どこかせっかちな。頑固だけど輪をかけて明るい。

地元愛が強いけど、余所から来た人をとても大事にする、おもてなし上手で感性豊かな人々が暮らしています。

 

渡川には何もありません。

だけど何もないから残るものもあります。

何もなかったから残ったものがあります。

何かあった場所では残らなかったものが、渡川にはあります。

 

今渡川は限界集落のはずなんですが、沢山の若者が毎年帰ってきています。住民たちはまだ限界だなんて思っていません。

 

これからますます楽しみな地域です。

是非一度遊びにきて欲しい場所…

初めてだけど、どこか懐かしくなるような空気を持った場所…

それが、渡川です。

それが渡川なんです。