日本を代表するサーフ天国みやざき県から、

「森の恵み」で作るサステナブルサーフワックスが新登場!!

サステナブルサーフワックスとは??

サーフィンをする際、必ず使用するサーフワックス。

従来のサーフワックスが、海洋汚染に関与していることを知っていますか??

私たちは、いつまでもきれいな海でサーフィンがしたい

そのために作ったのが、この「サステナブルサーフワックス」です。

 

従来のサーフワックスは「パラフィン」というワックスが石油由来の原料が主な主成分として使われています。

このパラフィンという素材は海中で分解されず、結果、マイクロプラスチック問題に繋がっています。

このサーフワックスの主な素材は「森の恵み」

 

一方、私たちは、100%天然由来でサーフワックスを作ります。

この「サステナブルサーフワックス」の主な原料は、蜜蝋・植物由来オイル・樹液といった、森の恵み

森に携わる私たちからのメッセージが込められています。

 

原材料が、100%天然由来なので、海中で剥離しても、環境への負荷が少ない、

魚にも、海にも、そして私たち人間にも優しいサーフワックスです。

実は今、世界中で、天然由来のサーフワックスが注目されています。

 

それはなぜか?

 

「いつも楽しませてくれる海がいつまでもきれいであってほしい」からです。

 

自分だけが「楽しい」だけではなく、海に住む生物はもちろん。

これから、サーフィンを楽しむであろう、子どもたちが喜ぶような、綺麗で豊かな海を残したいから。

いつまでも綺麗な海でサーフィンがしたいから。

 

だから今、世界中で天然素材を使用したサステナブルサーフワックスが使われています。

環境にいいだけじゃない、地域課題も解決するサーフワックス

 

このサーフワックスは、環境にいいだけではありません。

地域課題の解決に投資していきます。

 

一つは、現在社会問題となっている「耕作放棄地」を活用し、そこでひまわりを育て、そこからワックス用のオイルを採ることで、

耕作放棄地の解消と、新たな経済を生むことを目指します。

 

もう一つは、宮崎県美郷町の福祉工房「夢たまご」さんと共に、プロジェクトを進めていきます。

豊かな海も森も、100年後に繋げたい。

この「サステナブルサーフワックス」で使用している原材料は、主に「森で採れる素材です」

 

今、日本の森は経済性の無さから、手入れ不足が進み、人手を失い、みるみるうちに、人の目が離れ、

経済性も環境性もない森へとなりました。そこには間伐不足の山や、獣害被害、後継者不足や人口減少といった

たくさんの課題を抱えています。

 

しかし、このサステナブルサーフワックスをきっかけに、また森に経済性と人々の関心が生まれると私たちは確信しています

 

一つのサーフワックスを通して、海だけじゃなく森にも持続性を生み出したい

海も森も一緒に繋がって、一緒に未来へ持続する世界を生み出すのが、私たちの目標です。