これなんでしょう?

これなんだと思います?

うわ、なんか食べたらいかんやつや…って思ったでしょ?

違うんです。そして卑猥なやつとかでもないんです。これ、ちゃんとした食べ物なんですよ。

 

 

そう…あのラーメンとかに入ってるやつ。

 

特に普段食べないけど、なぜか結構知られているあいつ。

そもそも野菜なのか海藻なのかなんなのかわからないあいつ。

 

そう、実はキノコの「キクラゲ」ちゃんなのです。そう天然のキクラゲ。

ねー見た事なかったでしょ~。これは去年伐ったモミジから出てきたキクラゲで、去年出たのを見つけ、しっかり木の下で保管してたら今年もでてきたんです。触った感触はむっちゃ柔らかい。見た目も耳みたいで、ちょっと呼吸が止まりかけの人の耳を思い出して頂ければ良いかと思います。

 

じさまに聞いたところ、「昔はミミナバと言っていた」そうです。

ミミ→耳。ナバ→しいたけとかキノコのこと。つまり耳みたいなキノコと言う意味でミミナバと呼ばれたそうです。

 

「ミミナバと呼ばれたキノコ」

 

実はまだ怖くて食べていないんですけどね…そろそろ勇気をだして食べて見たいと思います。食べたら足が速くなったりピカピカって無敵になったりしないかなぁ。皆さんも山に行ったら天然のキノコ見つけて下さいね~